運命の四軍師、陣へ向かう。

運命の四軍師、四つの陣へ向かう。
PA110158.jpg

「封縛完了!!」
四神の力を借り、天鎧装を用いて
忌神・蚩尤(蚩尤ノイエ・ジール)に四方神大封縛の術を掛けた
我々、運命の四軍師。
(諸葛亮ガンダム 諸葛瑾ゼータプラス
 徐庶ヘビーガンダム 龐 統レッドウォーリア)
P7180071.jpg
術は効力を発揮し、忌神はその動きを止めた。
それを確認した我々は、それぞれ四つの陣営に向かった。
P7180087.jpg
「見て下さい、劉備様。
 軍師殿達の術で、奴が空に磔に!」
「うむ。」
孟起殿(馬超ブルーディスティニー)の言葉に
龍帝様(劉備ガンダム)が頷く。
「やったぜ、先生方ー!!」
孟獲様(孟獲ガンダム)も拳を握りしめ、声を上げた。
PA110155.jpg
そこに孔明が降り立つ。
「我が君、まずは第一段階成功です。
 次は皆様方、四神の力を受け継がれた方々と
 天の刃の方々の出番です。」
PA110156.jpg
「おお、任せて下さい師匠!」
「ふふ、頼もしい限りです、孟獲殿。」
力いっぱいに返答する孟獲殿の姿に笑みを浮かべる孔明と玄徳様。
悪しき闇の者達と相対する時、こういう陽の気は強い力になる。
PA110158.jpg
「よくぞやった、士元。」
「は、武帝様。
 奴はこれで、動く事は出来ませぬ。」
士元は曹武帝様(曹操ガンダム)の所へ行き、報告する。
PA110159.jpg
子瑜殿は轟大帝(孫権ガンダム)の前に進み出る。
「動けぬ彼奴を、この世の八つの理の陣で囲み
 その力をぶつけ、消滅へと追い込むのです。」
「うむ。」
PA110160.jpg
「この陣、正しく順を守る事自体にも意味が有るのです。
 悪の気から生まれ、負の気を力にする蚩尤にとって
 正しき事こそが武具となるのです。
 ですから、こちらからの攻撃は龍の理の玄徳様から始まり…。」
「分ーかっている、皆まで言うな。
 この俺に、ちゃんと順番を待てと釘を刺しているのだろう。
 案ずるな、今迄の俺とは違う。
 玄徳達との魂ィのぶつかり合いが、俺を変えたのだ。
 今は闘うだけの鬼では無く、この大地を護る正義の番人だ。
 とまで言えば、安心するか?」
私の人中帝様(呂布トールギス)への進言は徒労に終わった。
PA110161.jpg
と、そこへ、玄徳様達の所へ兵達が駈け込んで来た。
PA110165.jpg
「か、火急の報告にて、形式を略して失礼致します。
 動きを止めた蚩尤の付近に、我々の軍の者では無い
 何者かが、驚くべき速さで近付きつつあります!
 恐らく、そやつは報告にあった、あの…。」
「なにぃ!?」
兵の報告に孟獲様が唸った。

コメント

えっi-198 新手ですとi-198 一体何者なのでしょう・・・v-236 次回を待ちます。
ウルトラフュージョンファイト関係で質問が、先生はどういうフュージョンアップをしたオーブが見たいですか? 私の場合はエックス&ゼロ、ベリアル&ティガでしょうかね。ありすぎて”特にこれ!”というのが浮かばない等であればノーコメントでも大丈夫です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

徐庶ZII

Author:徐庶ZII
私の名は徐庶。
ここに記すのは
戦乱の中消された記録を
私の記憶のままに
書き連ねるものである。
初めから
読み返してやろうという
有り難い方は
「カテゴリ」の欄
『初めに…』から
お入りください。
二週に一度
更新しております。

皆さまの拍手
乾いた私の心に
染みまする。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
たまに呟いています。
検索フォーム
リンク