蚩尤、その後ろに影。

蚩尤、その後ろに浮かぶ影。
P7180007.jpg

場を移した蚩尤(蚩尤ノイエ・ジール)を追って
やっと追いついた所で異常な事態に遭遇した董卓(董卓ザク)達。
先に到着していた曹丕帝様(暗黒装・曹丕ガンダム)は
怒りのあまり、董卓達に襲い掛からん勢いだ。
P5040018.jpg
「これは、アレだね兄さん。」
「ああ、そうだな弟よ。」
郭兄弟は言葉ではない心の繋がりで何かを確認し合っている。
(郭嘉ヴァサーゴ・郭奕(かくえき)アシュタロン・ハーミットクラブ)
P5040019.jpg
「確かに、何かがおかしい。
 あれ程の力を蓄えた、神と讃えられる者が
 身動きもとれず、ただ宙に浮かんでいるだけとは。
 これは一大事かもしれんぞ。」
「一大事、いちだいじ♪
 あと三日舐め続けたら
 はちみちゅ無くなっちゃうかもしれないんだもん。」
袁紹(袁紹バウ)と袁術(袁術ズサ)も、それぞれ考えを巡らせている。
P5040020.jpg
「むむぅ…何があったのかさっぱり分からん。
 文才(胡軫(こしん)ギャン)、貴様、近くへ行って見て来い!」
「はい、只今っ!」
P5040021.jpg
「いや、待て。何があるか分からん。迂闊に近寄るのは…。
 大師、もしやこれは何者かの強力な…。」
董卓の命で駆け出そうとした胡軫を止め
李儒(李儒シャッコー)が仮説を述べようとしている。
P5040033.jpg
「ほう…君は少しは正しい物の見方が出来るんだね。
 よおく目を凝らして見てみるといい。
 僕らの神の後ろに浮かぶ影を。」
P5040034.jpg
近付いて来た郭奕の言葉に従い
もう一度、視線を宙に向けた李儒の目に
青い龍の様な影が映る。
P7180007.jpg
蚩尤の後ろに浮かんでいる影は孔明(諸葛亮ガンダム)であった。

コメント

あ、これは”孔明の罠”という奴ですね。<何だとi-191

新年、あけましておめでとうございます。i-1今年もよろしくお願いします。i-259
ジュウオウジャー、最終回が近いですね。果してどんなラストになるやら楽しみです。

返:武吉トーラス様

そう、全部孔明の罠なのです。
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
10年近く変わらぬお付き合いありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
えー、もう最終回なんていやだー!
と、毎年この時期は言っているような気がします。
まだジュウオウジャーのミニプラ一個も作ってないや…;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

徐庶ZII

Author:徐庶ZII
私の名は徐庶。
ここに記すのは
戦乱の中消された記録を
私の記憶のままに
書き連ねるものである。
初めから
読み返してやろうという
有り難い方は
「カテゴリ」の欄
『初めに…』から
お入りください。
二週に一度
更新しております。

皆さまの拍手
乾いた私の心に
染みまする。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
たまに呟いています。
検索フォーム
リンク