張飛、挑み掛かる。

張飛、郭嘉に挑み掛かる。
PC210079_2016022117352086d.jpg

闇に呑まれた機駕を操る魔人達と相対した翼徳殿(張飛ガンダム)。
PA110019_201602211733349b2.jpg
強烈な悪しき闇の気を放つ魔人達の異様に接し
翼徳殿は慎重に奴らの動向を窺っている。
ただ、二人の部下、張達と范彊は
(小雷装・張達RX-81スタンダード 范彊RX-81ライトアーマー)
恐れと驚きで狼狽えていた。
PC210076_201602211735125a3.jpg
「お前達がここに来た理由、それはこの暗黒玉璽の奪取だろう?」
暫しの沈黙の後、最初に口を開いたのは
郭嘉(郭嘉ヴァサーゴ)だった。
その掌には鈍い光を放つ暗黒玉璽が乗せられていた。
神話の時代、三候と猛き武神の手で地に封じられた忌神
蚩尤(蚩尤ノイエ・ジール)。
時を経て、悪心持つ者達の気に呼び寄せられ
静かに、時を掛けて一つ所に集まり形を成した物が暗黒玉璽だ。
その中で暗い悪の心が渦を巻き、大きな力となって
復活を果たした蚩尤。
轟大帝・孫仲謀様(孫権ガンダム)の手で撃退されたが
再び今、その中で眠りに付いているのである。
PA110014_201602211732391b9.jpg
翼徳殿が目指していた暗黒玉璽が、いま目の前にある。
郭嘉と翼徳殿の間に、郭奕
(郭奕(かくえき)アシュタロン・ハーミットクラブ)が割って入る。
「ボクらの神様はその中で、早く外に出たい!って言ってるよ。」
PA110017_20160221173327d1f.jpg
郭奕の口振りから、忌神の復活の時は近いようだ。
翼徳殿を挑発する様に室内をゆっくり移動する郭嘉。
身体の向きだけを変えて、それを追う翼徳殿。
PC210077_2016022117351386a.jpg
郭嘉との何度目かの、目のみの激しいぶつかり合いの後
遂に翼徳殿が郭嘉へ挑み掛かった。
「とぅあっ!」
暗黒玉璽に向かって手を伸ばし、跳び掛かる。
PC210079_2016022117352086d.jpg
「ふなぁっ!?」
しかし、目前で郭嘉の手の中から暗黒玉璽は消え
それを掴み損ねた翼徳殿の手は、身体ごと床へ叩き付けられた。
「ふっ…我らが神は、お前の手に触れられるのがお嫌いな様だな。」
郭嘉が鼻で笑った。
PC210083_20160221173522403.jpg
「ふっふっふっふっふ、こっちだよ。
 今にここから出て、お前達を憑り殺すって言ってるよ。」
再度の復活を控えた忌神の術なのか
暗黒玉璽は郭奕の手の中に移動していた。
PC210085_20160221173552623.jpg
「うぉ!うぉうぉうぉうぉ!?」
突然近くに現れた暗黒玉璽に范彊は声を上げて驚いた。

コメント

暗黒玉璽・・・・この中にいる蚩尤の恐ろしさは半端ではないですね。封印された状態でもコレですからね。i-230

*ちょっとした小ネタ*

劉備「う~ん・・・最近、太ももに贅肉が付いてきたなぁ・・・・」
孔明「でしたらコレ(某CM)なんてどうです? 結果にコミットしますよ」
劉備「そんな事したら俺がリアル体形になるんじゃないか?」

返:武吉トーラス様

オリジナルの人物や要素を表すのには
なかなか気苦労するのだなと
いつも思いながら書いております。

MSも鍛えたらムキムキになるのでしょうか?
ムーバブルフレームがパンッパンに盛り上がってるぜ!とかw
そういえば、大陸プラモデルで
SD三国伝に似た三国志物や
リアル体系の呂布ロボットなんかもありましたね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

徐庶ZII

Author:徐庶ZII
私の名は徐庶。
ここに記すのは
戦乱の中消された記録を
私の記憶のままに
書き連ねるものである。
初めから
読み返してやろうという
有り難い方は
「カテゴリ」の欄
『初めに…』から
お入りください。
二週に一度
更新しております。

皆さまの拍手
乾いた私の心に
染みまする。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
たまに呟いています。
検索フォーム
リンク