張飛、辿り着く。

張飛、暗黒玉璽の在り処に辿り着く。
P9230139_20160221173105b42.jpg

やっと正気に戻った翼徳殿(張飛ガンダム)。
それは鍾会(鍾会ジオ)の呪術によるものだったのか…。
そこで、急に思い出して
張達(小雷装・張達RX-81スタンダード)が声を上げた。
「そ、そうだ!見つけましたよ、例のアレ!!」
「そうだった、もうそれはそれはそれっぽいアレを!」
范彊(小雷装・范彊RX-81ライトアーマー)も
それに続き翼徳殿に説明し始める。
P9230138_20160221173059d6f.jpg
「よし、行こう!」
翼徳殿は二人に案内をさせ
目的であった暗黒玉璽の捜索に向かった。
P9230141_20160221173101208.jpg
張達と范彊は、翼徳殿を一棟の建物へと案内した。
そこは洛陽最深部にもかかわらず、護衛の兵が一人も居ない
異様な雰囲気が漂う建物だった。
P9230140_201602211731033a2.jpg
「ど、どうですか。この、なんか得体の知れない雰囲気は。
 なんか、もうソレっぽいでしょ?やっぱ、この中に…。」
「いや、なんかもうこの独特の雰囲気だけでソレかな?って
 思っちゃったんで、これ以上近付いたり
 中に入ったりはしてないんですけどね。」
二人の部下の言葉には答えずに、翼徳殿は思案した。
「(この中には、触れちゃあならねえ何か…誰かが居る気がする。)」
P9230139_20160221173105b42.jpg
「よ、よぉ~し!行っちゃうぞ!怖いけど行っちゃうぞ!!」
「待て!」
張達が恐怖を克服しながら扉の把手に手を掛けようとすると
翼徳殿が鋭い声で、それを静止した。
「え、え、え?どーしたんスか?」
范彊の問いに翼徳殿が答える。
「警護の兵が居ない、そしてこの異様な雰囲気。
 こいつぁ間違いねぇ。
 この中に間違い無く、暗黒玉璽がある。
 そして、この建物には何かしらの術で
 侵入者を阻む罠が仕掛けてある筈だ。」
P9230142_2016022117312142d.jpg
振り向いて続きの言葉を待つ二人に対して翼徳殿は
懐から何かを取り出しながら言った。
P9230143_201602211731256c3.jpg
「こいつらの出番だな。」
取り出したのは三枚の符だった。

コメント

三枚の符・・・? どのような使い方をするのか気になります。

次回のジュウオウジャー、あの鳥男が登場! 913・・基、村上さんの久々の特撮出演ですi-197 そしてyoutubeのハリケンジャーが終了しました。次は何を配信するのか楽しみです。

返:武吉トーラス様

身代りにしたり、川を出したり、火の海を出したり…
は、しません(それは民話の三枚のお札)
村上さん白髪似合ってましたよね。
明日が楽しみ。
ハリケンジャーから本格的にミニプラにはまったので
感慨深い作品です。
いま当時の録画DVDでマジレンジャーを見返してますが
すごく面白いですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

徐庶ZII

Author:徐庶ZII
私の名は徐庶。
ここに記すのは
戦乱の中消された記録を
私の記憶のままに
書き連ねるものである。
初めから
読み返してやろうという
有り難い方は
「カテゴリ」の欄
『初めに…』から
お入りください。
二週に一度
更新しております。

皆さまの拍手
乾いた私の心に
染みまする。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
たまに呟いています。
検索フォーム
リンク