張飛、輝く。

張飛、己を見詰め輝く。
PC220186.jpg

大気を裂いて襲い掛かる巨腕を
翼徳殿(張飛ガンダム)は新しい盾で受け止める。
盾で受け止めた衝撃の重さを受けて、また翼徳殿は思った。
「(単純な事だったんだよな。
  攻撃だって、そんなに無限に続くもんじゃない。
  ちょっとの隙間が出来れば、こっちから仕掛ければいい。
  新しい攻撃も、良い盾で確実に防げば威力も恐れる程じゃない。
  冷静になれば良かったんだ。)」
PC220167.jpg
今迄に何度か翼徳殿と戦場で闘った経験のある鍾会(鍾会ジオ)は
以前とは違う翼徳殿の振る舞いに苛立ちを覚えた。
「貴っ様ぁ!私を愚弄しているのか!
 無双の戦刃と呼ばれた貴様が、そんな腑抜けた闘い方で。」
鍾会の怒りを受けて二対の巨腕の五指それぞれが唸りを発する。
PC220172.jpg
「そんな貴様など、こうしてくれる!こうしてくれるわ!」
自分を馬鹿にされたと思う鍾会の怒りの攻撃を避けながら
翼徳殿は思いを巡らせていた。
「(そうだ。こんな雑な攻撃、当たりはしない。
  怒りは我を忘れさせる。)」
PC220177.jpg
「何故だ!何故当たらぬ!」
苛立ちと焦りがその原因だと気付けない、そう思いたくない鍾会。
その鍾会をよそに、攻撃を難なく躱し
己の心の内奥を見詰め続ける翼徳殿。
「(当たらなければ、どうという事は無い
  なんて士元(龐統レッドウォーリア)が言ってたっけな。
  なんだか、前の自分を見ているようで恥ずかしいぜ。)」
PC220180.jpg
翼徳殿は伯道殿(郝昭ギラ・ドーガ)との闘いを思い出す。
「(あの時も俺は怒りのままに闘い、地に伏してしまった。
  俺の任務は、あの場を突破して先に進み
  暗黒玉璽を探し出す事だった。
  なのに俺は我を忘れ、任務を忘れて跳び出し
  負けて、仲間達に迷惑をかけ
  月姫(夏候月姫ビギナ・ギナ)達を危険に晒しちまった。)」
PC220181.jpg
決意を込めた眼差しを上げる翼徳殿。
「(俺には護りたい人達がいる。
  でも、怒りのままに闘えばそいつらが傷付く事もある。
  護る為に闘うのに護れないのは、俺が馬鹿だったからだ。
  怒りは瞬間的に力を発する事もあるが隙も作る。
  そして取り返しのつかない失敗をも招いてしまう。)」
PC220183.jpg
「(怒りを鎮めて冷静に物事を考える事で見えて来る物が有る。
  むしろ、冷静でなければ護れないものだってあるんだ。
  今までそれに気付けなかった俺は…馬鹿だったぜ。)」
PC220186.jpg
自らを見詰め直し、欠点を改めようとする心が
翼徳殿を人間として成長させていくのだろう。
その成長の象徴なのか、翼徳殿の左肩鎧が
強く輝き出していた。

コメント

おっ・・・・この流れは・・・もしや!?e-451 次回を楽しみにしてますi-197 この戦いもそうですが、ハートは熱く、頭脳はクールに、戦いの基本ですね。
新戦隊の噂を入手しました。今度は動物+キューブらしいですが、真実かどうかは今後の情報しだいですね。東映youtubeではブルースワットが配信開始!リアル世代の私には懐かしいです。

返:武吉トーラス様

もうお馴染みの流れになってきました、パワーアップ。
張飛だって良い年でしょうから
そろそろ成長してもらいました。
2代目動物戦隊。
初代は帰って来たゴーバスターズ…に登場。
ブルースワットの電動ディクテイター
まだ持ってますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

徐庶ZII

Author:徐庶ZII
私の名は徐庶。
ここに記すのは
戦乱の中消された記録を
私の記憶のままに
書き連ねるものである。
初めから
読み返してやろうという
有り難い方は
「カテゴリ」の欄
『初めに…』から
お入りください。
二週に一度
更新しております。

皆さまの拍手
乾いた私の心に
染みまする。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
たまに呟いています。
検索フォーム
リンク