趙雲、狙われる。

趙雲、郝昭に狙われる。
P8060031.jpg

「ふぅ…。」
子龍殿(趙雲ガンダム)の背中の翼は
また風へと姿を戻し、空へと消えた。
P8060025.jpg
勝利こそしたものの、郝昭(郝昭ギラ・ドーガ)を打ち倒す事が
そもそもの我々の目的ではなかった。
この闘いの目的は
直に復活する忌神・蚩尤(蚩尤ガンダム)を倒す事。
疾風・雷鳴合同部隊は、その目的の為に洛陽最深部への
侵攻作戦を行っていたのだった。
しかし、郝昭の猛攻により、部隊の大半の者は
この作戦の中枢を担う翼徳殿(張飛ガンダム)をも含め
傷を負う事になってしまった。
「俺の浅はかな行動が、部隊を…民を、世界を
 窮地に陥れてしまった…。」
子龍殿は、自らの過ちに嘆息した。
P8060026.jpg
肩を落とす子龍殿の背後で、地に伏した郝昭の目が見開かれた。
子龍殿の繰り出した突きを受け、立ち上がる事は出来なかったが
郝昭は命を落としたわけではなかったのだ。
今や秘密ではなくなった郝昭の秘技は、常人を超える聴覚。
その超聴覚で、子龍殿の荒い息や心音の速さを聞き
集中力が衰えているのを確かめると
震える手を、物音が立たぬよう自身の耳で確かめながら
ゆっくりと長刀を持ち上げ始めた。
P8060029.jpg
辺りに人の目は無い。
疾風・雷鳴合同部隊の負傷した者達は張達と范彊
(張達RX-81スタンダード/范彊RX-81ライトアーマー)
により、安全のため後方へ移動させられた後であったのだ。
一切の物音を立てぬよう、細心の注意を払い
郝昭は長刀の先を、真っ直ぐに子龍殿の背中に向けた。
P8060031.jpg
最後の力を振り絞るように
長刀の柄にある突起を、音も無く押しこむ郝昭。
ここまで、子龍殿に自分が目を覚まし
反撃の機を狙っている事を悟られまいと
蚊の羽音ほども音を立てず行動をしてきた郝昭だったが
最後にただ一音、ばすっと鈍い音を立てた。
P8060032.jpg
郝昭は、分離式の長刀から小刀部分を火薬で発射したのだ。
先程までの闘いで子龍殿が呼び、まだ辺りに残っていた風が
物の焦げたような匂いと、微かな発射音を掻き消した事で
子龍殿は、この事に気が付いていなかった。

コメント

ごめんなさい。最後の写真を見た時、”趙雲後ろ後ろ!!”と思ってしまいました。一難去ってまた一難ですね。

今週のニンニンジャー、斬鬼やガルルこと松田さんが出ましたね。是非人間態や他の幹部も登場して欲しいです。そしてドライブ、タイプフォーミュラが登場しました!

返:武吉トーラス様

ドリフドリフ(笑)
これ、どうやっても趙雲気付くでしょと思います。
で、そこに郝昭の超聴覚能力を絡めて描いてみました。
ニンニン面白いですよね。
松田さんの声、好きだな~。
あとタイプフォーミュラも好き。
フィギュアーツ出ませんかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

徐庶ZII

Author:徐庶ZII
私の名は徐庶。
ここに記すのは
戦乱の中消された記録を
私の記憶のままに
書き連ねるものである。
初めから
読み返してやろうという
有り難い方は
「カテゴリ」の欄
『初めに…』から
お入りください。
二週に一度
更新しております。

皆さまの拍手
乾いた私の心に
染みまする。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
たまに呟いています。
検索フォーム
リンク