張飛、立つ。

張飛、郝昭の前に立つ。
P8050027.jpg
「待ちな。お前達じゃ敵わねぇよ。」
息巻く二人の部隊兵、張達と范彊
(張達RX-81スタンダード/范彊RX-81ライトアーマー)
の前に姿を現したのは
二人が属する雷鳴部隊の長
翼徳殿(張飛ガンダム)であった。
P8050026.jpg
「そ、そんなあっ!オレ達じゃあ力不足だって言うんですかあっ!?」
「オレ達、真剣っス!!死ぬ気で闘いたいんですっ!」
二人の部隊兵が叫び返す。
翼徳殿が答える。
「お前達の熱い気持ちは分かってる。
 だが、駄目だ。
 二部隊合同の俺達を、ここまで追い込んだ奴だ。
 お前達なんか一瞬でぽっぴーんだ。
 それよりお前達にはあいつらを頼む。」
P8050027.jpg
「これから俺は、全力で奴を叩く。
 その余波が当たらねえように
 子龍達を連れて、なるべく遠くまで離れるんだ。」
二人の部下に、怪我人達の移送を促す翼徳殿。
そう言いながら抱え上げた蛇矛には
雷気がみなぎり、辺りの空気を焦がし始める。
P8050031.jpg
「もう俺の怒りは限界だ。
 早く行け、お前達!」
P8050036.jpg
「またうるさいのが出てきたな。
 耳が痛くなりそうだ。
 早く先の奴らと同じ、無音にしてやろう。」
「るっせえ!黙るのはお前の方だぜ。」
郝昭(郝昭ギラ・ドーガ)の挑発に翼徳殿が怒る。
P8050033.jpg
「張将軍、全員避難完了しましたっ!
 思いっ切りやっちゃってください!!」
「でも、あいつ…得体の知れない術かなんかで
 攻撃の先を読むっていうか…とにかく頑張ってください!」
「おう…お前たちも早く下がれ。」
翼徳殿の中に残っていた最後の冷静さが
二人の部下に向けられる。
P8050035.jpg
雷気が龍を成して絡み付く蛇矛を構えて
翼徳殿が郝昭を睨み付ける。
P8050041.jpg
「さあ聞け!雷の雄叫びを!!」

コメント

ちょwwwwぼっぴーんってwwww危うく鼻から飲んでたココアを吹き出すとこでした。i-237しかし何故でしょう・・・色が赤繋がりなのか、張飛どのが立ち向かった瞬間、私の中で赤射の宇宙刑事のレーザーブレードの曲がかかってしまいました。あのBGMは聴いてるだけで心が熱くなります。

返:武吉トーラス様

いいなあココア。ぼくんちはミロでした。
張達、范彊、張飛の会話には
意図的に現代的言い回しやカタカナを使ってます。
完全に書き手の息抜き場面ですね。
シャリバンの渡さんは
今でもヒーロー!って感じですよね。
宇宙刑事 NEXT GENERATION見たいな~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

徐庶ZII

Author:徐庶ZII
私の名は徐庶。
ここに記すのは
戦乱の中消された記録を
私の記憶のままに
書き連ねるものである。
初めから
読み返してやろうという
有り難い方は
「カテゴリ」の欄
『初めに…』から
お入りください。
二週に一度
更新しております。

皆さまの拍手
乾いた私の心に
染みまする。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
たまに呟いています。
検索フォーム
リンク