郝昭対趙雲、激突す。

郝昭対趙雲、戦輪騎馬にて激突す。
P5050090.jpg
「行くぞ、飛影閃。奴の生意気な口先ごと蹴散らしてやれ!!」
重装鎧内に仕込まれた機巧により
四つの車輪が唸りを上げて回転を始め
飛影閃と子龍殿(趙雲ガンダム)が駆け出した。
P5050081.jpg
郝昭(郝昭ギラ・ドーガ)も魔戦馬を駆り
子龍殿へと向けて進んで行く。
P5050082.jpg
子龍殿が、駆けながら言う。
「これで速さは同等だ。今度は負けん!」
P5050087.jpg
子龍殿の突きを長刀で受けつつ、郝昭が言う。
「速さはな。」
P5050090.jpg
郝昭は続ける。
「しかし、それだけで勝てると思っているのなら
 恐れ知らずの趙子龍ではなく
 おのれ知らずの愚か者だな、あーっはっはっは!」
駆けだす前の、遠くの場所での独り言であった筈の
子龍殿の言葉尻を捉えての罵りと哄笑がこだまする。
P5050093.jpg
「くうっ!」
子龍殿は怒りのままに槍を繰り出すも
郝昭は全て受け止め、何事かを口にし始めた。
「うー、うー、…ぶるっ、うー、うー、…ぶるっ…。」
P5050096.jpg
「うー、うー、…そこだ!!」
郝昭は、奇妙な呟きに合わせるように
長刀を飛影閃の鎧の車輪の隙間にそっと差し込む。
P5050097.jpg
「ふんっ!!」
高速で回転する車輪に、大事な得物を無闇に挿し込めば
破損も免れない筈だが、何事も無かったかのように引き抜き
その引き抜きに合わせて、飛影閃と子龍殿は宙を舞う事になった。
P5050100.jpg
「ほぁああああああっ!!」
「ひゅううーん!ひゅひゅうーん!」
中空に投げ出された子龍殿と飛影閃は
それぞれに悲鳴を上げながら回転して落下して行く。
P5050101.jpg
「ふっはっはっは!
 車輪の内側の僅かな削り残しによる不備、お粗末だったな!」
郝昭が笑う。
その郝昭の言う、車輪の内側の僅かな削り残しに
破損の危険を避ける間で長刀を差し込んで引っ掛け
子龍殿達を宙に舞わせたというのか。
外見からは発見しづらい車輪の内側の削り残しを
如何にして見付け、高速で回転する輪の
どの部分が、その位置なのか知り得たのか。
P5050103.jpg
「また一人…雑音となり、消えたか。」
P5050107.jpg
未だ謎の郝昭の能力、恐るべし。

コメント

e-3えええええええええi-198郝昭強すぎるではありませんかi-199趙雲どのは勝てるのでしょうかi-198この場をお借りして質問があります。アポロガイスト地獄大使のようにリファインされてほしいライダーの敵キャラはいますかe-3私はゼロ大帝鋼鉄参謀ですかね。

返:武吉トーラス様へ

敵が強いと、その分ヒーローも引き立つかなと。
だからこそ復活してほしい敵キャラは
一つ目タイタン。
あ、でもちゃんと強いシャドームーンも。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

徐庶ZII

Author:徐庶ZII
私の名は徐庶。
ここに記すのは
戦乱の中消された記録を
私の記憶のままに
書き連ねるものである。
初めから
読み返してやろうという
有り難い方は
「カテゴリ」の欄
『初めに…』から
お入りください。
二週に一度
更新しております。

皆さまの拍手
乾いた私の心に
染みまする。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
たまに呟いています。
検索フォーム
リンク