郝昭、撃墜す。

郝昭、陸凱を撃墜す。
P3150125.jpg
倒した相手を満足げに見下ろす郝昭(郝昭ギラ・ドーガ)。
その後ろを一羽の燕が飛んで行く。
それは燕ではなく、轟の武将、敬風殿(陸凱ゼータプラス)であった。
風に乗り、かなりの高度を気配を消して飛ぶ敬風殿。
しかし郝昭は、それに気付き振り返る。
「ふ…死にたい奴がまだいたか。」
P3150093.jpg
「無駄だ、全て聞こえている。
 俺が弓や弩を持たぬのを見て、空からなら
 逃げ切れると思ったか…甘いな。」
そう言いつつ、郝昭は魔戦馬・戦輪形態の手綱を繰り
その場で旋回させ始めた。
P3150097.jpg
旋回する速度は徐々に上がって行き
手に持つ長刀が空を切り出す。
P3150100.jpg
「むん!」
まるで竜巻の如く旋回する魔戦馬の背で
郝昭が気合いと共に長刀を振り抜くと
その長刀の先端部分が分解し、小刀となり
旋回の勢いに乗り、放たれる。
P3150108.jpg
その小刀は、敬風殿目がけて一直線に飛んで行く。
P3150110.jpg
「な!?」
それに気付く敬風殿。
P3150114.jpg
しかし、時すでに遅し。
矢のように飛ぶ小刀が敬風殿に激突した。
P3150119.jpg
「うああああ…。」
痛手を負い、墜落する敬風殿。
それを横目で見ながら郝昭は
悠々と、自分の方へ戻って来た小刀を掴んでいた。
P3150123.jpg
「愚かな…俺の隙を突く事など出来んのだ。」
小刀に付いた血を払い、郝昭が笑った。
P3150125.jpg
魔戦馬・戦輪形態に跨る郝昭の周りには
多くの負傷した我が軍の武将達が倒れ伏していた。
P3150130.jpg
「ふ…もう俺の言葉を聞く者もおらぬか。はっはっはっは。」

コメント

長刀と小刀の分離機能でこんな使い方をするとは予想外でした!v-527 長刀のエフェクトには何を使ったのですか?

極アームズになった事により鎧武ジョーカー化のような兆候が現れ始めましたが、どうなることやら・・・i-230
そして龍玄がだんだん913っぽくなってきて不安です。v-404

返:武吉トーラス様へ

何のひねりもなく張遼ゲルググの長刀なのですが
あの分離ギミックと全方位攻撃が
うまく結びついてしまったんですよ。
なんかミッチを見てると気の毒になってくるのです。
紘汰さん助けてあげて~;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

徐庶ZII

Author:徐庶ZII
私の名は徐庶。
ここに記すのは
戦乱の中消された記録を
私の記憶のままに
書き連ねるものである。
初めから
読み返してやろうという
有り難い方は
「カテゴリ」の欄
『初めに…』から
お入りください。
二週に一度
更新しております。

皆さまの拍手
乾いた私の心に
染みまする。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
たまに呟いています。
検索フォーム
リンク