馬謖、見破る。

馬謖、郭淮の見えざる闘術を見破る。
DSCF1017.jpg

明けましておめでとう御座います。
本年もよろしくお願い致します。
次回の更新は
一月一二日を予定しております。





悪しき闇の機駕五将軍の一人
郭淮の見えざる闘術により
火炎部隊の方々は追い込まれていた。
DSCF9166.jpg DSCF9169.jpg DSCF9177.jpg
圧倒的な力を見せ付けつつも
依然、無言のまま立ち尽くす郭淮の姿には
何か不気味な物を感じずにはいられない。
DSCF9178.jpg
「いったい奴は、どんな妖術を使って
 我々を攻撃しているというんだ…。」
伯約殿(姜維)間合いを取り、思案する。
DSCF1011.jpg
そんな伯約殿に近付き、幼常殿(馬謖)が耳打ちする。
「伯約殿、恐らく彼奴の見えざる闘術は妖術ではありません。」
「では、いったい何が起こったというのです?」
DSCF1019.jpg
伯約殿の質問に答える形で、幼常殿が語り出す。
「彼奴は、悪しき闇の力による妖術を用いているのではなく
 卓越した体術のみで、我々に攻撃を仕掛けているのです。」
DSCF1020.jpg DSCF1022.jpg
「いえ、攻撃を仕掛けているという言葉は適切ではないでしょう。
 彼奴はおそらく我々の攻撃を、微妙な仕草や癖から見抜き
 その攻撃の隙や弱点を瞬時に見付け、反撃へと転ずるのでしょう。
 例えば先刻の文則殿(于禁)の場合、双剣の死角となる
 常人ならば躊躇もしよう隙を見付け
 そこに身体を滑り込ませると共に
 自身の得物を構え、尚且つ文則殿の攻撃の勢いを
 そのまま自身の攻撃の勢いに上乗せする事により
 あたかも自身の身体を動かす事無く反撃するのでしょう。
 そう…攻撃を仕掛けているのではなく、仕掛けられた攻撃を
 常人を超えた判断力と体裁きで躱しつつ反撃しているのです。」
DSCF1023.jpg DSCF1025.jpg DSCF1028.jpg
「まさか、そんな事が…。」
幼常殿の洞察力も優れているが
やはり驚くべきは郭淮の闘術の正体。
DSCF1031.jpg
謎多き司馬懿の親衛隊の中で、守りの郭淮と称された奴めの闘術。
果たして、火炎部隊の方々は破る事が出来るのであろうか。

コメント

う~ん・・・・体術とはいえ凄まじいものですね。
この後の展開に期待しています。ようつべで重甲ビーファイターが放送、リアル世代としては嬉しいです。次回はビーファイターカブトでしょうかね?

郭淮の力の正体はものすごい強い体術とは!

妖術の類はカラクリさえ見抜いてしばえば崩すのもたやすいですが、実力の伴った能力で破りにくそうですね。
ますます楽しみ♪

返:武吉トーラス様

こういう場面で妖術大ラッシュでは
お話しが単調になっちゃいますから
ちょっと捻って体術にしてみました。
ビーファイターといえば
男前で双子でライバル熱演って
土屋兄弟は反則です。

返:ハルム様

「彼奴の攻撃の正体は
 カウンター攻撃です!!」
と書ければ物凄く楽だったのですが
そこは素人文章とはいえ
古い中国がモチーフですから
なんだか回りくどい書き方になりました。

アルガス騎士団が一瞬浮かびましたw力には技、技には魔法、魔法には力w

返:zero様

アルガス編では
力に力で立ち向かっては…
という内容でしたが、果たして。
ともあれ、託有難う御座いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

徐庶ZII

Author:徐庶ZII
私の名は徐庶。
ここに記すのは
戦乱の中消された記録を
私の記憶のままに
書き連ねるものである。
初めから
読み返してやろうという
有り難い方は
「カテゴリ」の欄
『初めに…』から
お入りください。
二週に一度
更新しております。

皆さまの拍手
乾いた私の心に
染みまする。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
たまに呟いています。
検索フォーム
リンク